HOME > Webマーケティング > コーディング知識 > 導入のタイミング例

Webコーディングの基礎知識

ホームページは、HTML等のコードで作ります。コードに気を配ることのメリットをまとめてみました。
この記事を作成したのは10年ほど前です。
最近のモバイル対応、読み込みスピードの徹底、多言語管理等々に対して、この記事はやや古めかしい感は否めません。
現在では、ツールそのものやCMS自体にこの考え方が採用されています。わざわざ「Web標準コーディングを導入する」という必要性も薄くなっています。リニューアルする時点で、自然に最適化されていることが多いのではないでしょうか。
こういった現状をふまえ、コーディングの基礎知識というコンテンツとして保存しています。

Web標準コーディング導入のタイミング例

英語に加え、中国語サイト、韓国語サイトなどを作る必要がある。または、既存海外向けサイトの問題解決をしたい。
企画、デザイン、コンサルティングなどがメイン業務であるので、外部委託先を探している。
Webサイトの保守、運用を依頼されたが体制がないために対応に困っている。できれば安心できる定期契約先を見つけたい。
全面リニューアルほどの予算はないので、既存サイトをWeb標準HTML(XHTML)+CSSコーディングで再構築したい。
ヒューマンビジターとサーチエンジン両者に対して説得力あるWebページを作りたい時に
安定した更新作業が必要な時に
他社と差別化を図りたい時に
Webサイトの仕様、デザイン、システムなどはできたが、コーディングまでには手が回らない。Web標準にできないが作る必要がある。
1ページのみとか、チェック作業のみなど、小規模で依頼したい。

2008 - 2019 © モリオフィス