Webコーディングの基礎知識

ホームページは、HTML等のコードで作ります。コードに気を配ることのメリットをまとめてみました。
この記事を作成したのは10年ほど前です。
最近のモバイル対応、読み込みスピードの徹底、多言語管理等々に対して、この記事はやや古めかしい感は否めません。
現在では、ツールそのものやCMS自体にこの考え方が採用されています。わざわざ「Web標準コーディングを導入する」という必要性も薄くなっています。リニューアルする時点で、自然に最適化されていることが多いのではないでしょうか。
こういった現状をふまえ、コーディングの基礎知識というコンテンツとして保存しています。

機会損失防止

Web標準コーディングを採用することは、通信帯域を有効に活用することにもつながります。
全ページごとに情報と視覚表現の混在したファイルを転送していた従来に比べ、視覚表現をCSSファイルに一括することで、送信するデータ容量が少なくなるためです。

結果、Web標準コーディングはページ表示の高速化を実現します。
表示の遅さ、レスポンスの悪さによって起きる機会損失を減らす役割を果たします。

2008 - 2019 © モリオフィス