Webコーディングの基礎知識

ホームページは、HTML等のコードで作ります。コードに気を配ることのメリットをまとめてみました。
この記事を作成したのは10年ほど前です。
最近のモバイル対応、読み込みスピードの徹底、多言語管理等々に対して、この記事はやや古めかしい感は否めません。
現在では、ツールそのものやCMS自体にこの考え方が採用されています。わざわざ「Web標準コーディングを導入する」という必要性も薄くなっています。リニューアルする時点で、自然に最適化されていることが多いのではないでしょうか。
こういった現状をふまえ、コーディングの基礎知識というコンテンツとして保存しています。

広告費圧縮

Web標準コーディングすることで、ある一定ラインの検索結果表示が維持できます。(市場は常に流動的である点は要注意ですが。)

一般的な広告は、短期的、クリック毎に費用がかかりますので、この点中長期的にWeb標準コーディングは広告費を圧縮し続けます。

コーディング品質が低いままで広告出稿を続けるのと、Web標準コーディングによって自力的に安定した検索結果を確保し続けながら、さらに効果がある広告を利用するのとでは、明らに違いがでます。

2008 - 2019 © モリオフィス