Webコーディングの基礎知識

ホームページは、HTML等のコードで作ります。コードに気を配ることのメリットをまとめてみました。
この記事を作成したのは10年ほど前です。
最近のモバイル対応、読み込みスピードの徹底、多言語管理等々に対して、この記事はやや古めかしい感は否めません。
現在では、ツールそのものやCMS自体にこの考え方が採用されています。わざわざ「Web標準コーディングを導入する」という必要性も薄くなっています。リニューアルする時点で、自然に最適化されていることが多いのではないでしょうか。
こういった現状をふまえ、コーディングの基礎知識というコンテンツとして保存しています。

アクセシビリティ

Web標準であることは、必然的に厳密な規定要求に応えることです。
そこで得られた適切なマークアップは、メンテナンス性が優れ、情報の構造が明確です。そのためサイト運用上課題となるターゲットユーザーの負担を、軽減するための対策が実行し易いと言えます。

ただアクセシビリティに関しては、Webサイトごとのターゲットユーザーの「実際」をベースに取り組むことが先決です。昨今では、このことをモニターするサービスが充実しています。

2008 - 2019 © モリオフィス