Webコーディングの基礎知識

ホームページは、HTML等のコードで作ります。コードに気を配ることのメリットをまとめてみました。
この記事を作成したのは10年ほど前です。
最近のモバイル対応、読み込みスピードの徹底、多言語管理等々に対して、この記事はやや古めかしい感は否めません。
現在では、ツールそのものやCMS自体にこの考え方が採用されています。わざわざ「Web標準コーディングを導入する」という必要性も薄くなっています。リニューアルする時点で、自然に最適化されていることが多いのではないでしょうか。
こういった現状をふまえ、コーディングの基礎知識というコンテンツとして保存しています。

SEOの基礎

SEO(検索エンジン最適化)の始まりは、検索エンジンに対しWebサイトの内容を明示することです。検索エンジンに、こちらの意図通りの情報を把握、評価させる必要があります。

W3C( 【World Wide Web Consortium】WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体)の勧告ルールに則ったソースは、必然的に検索エンジンと親和性が高く、評価されます。
検索エンジンの仕様は企業秘密であり、頻繁にバージョンアップもされます。
また、表示結果は、あくまでもその時々の状況結果です。なぜならそのキーワードが持つ市場によって常に相対的に変動しているからです。

こうしたことからも、原因を外部に求めるSEOには王道は無いとも言われています。Web標準のコーディングは、自社でコントロールできる自発的SEOの基礎です。
サイトコンテンツの充実とともに、主軸の一つであると言えます。

2008 - 2019 © モリオフィス